目黒やすだ内科クリニック

診察時間(予約不要)
月~土9:00~12:30
月・火・木・金 14:30~18:30

目黒区の内科・糖尿病内科・漢方外来

東京都目黒区目黒3丁目10-13 4F
03-6303-2755
目黒区の特定健康診査・がん検診等 地図※画像をクリックすると拡大表示されます
Google Mapはこちら

【マップはこちら】
 

院内マップ

【院内マップはこちら】

看護師募集

目黒区の内科
糖尿病内科・漢方外来
自費注射・点滴、
健康診断、予防接種

東京都目黒区
目黒3丁目10-13 4F
「大鳥神社前」バス停すぐ
03-6303-2755


※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。



当ビルにある
クリニックはこちら

糖尿病内科

測定器
【測定機器】

糖尿病への不安をお持ちの方、治療を開始していない方はすぐに検査をし、診断・診療いたします。
健診で血糖値に異常が出た方は、健診結果を持参の上、
早めの受診をおすすめしております。
治療中(インスリン内服薬)の方でも、現在の治療により、低血糖をおこしたり、
なかなか血糖値が下がらないなど不安をお持ちの方は是非ご相談ください。

院内には、血糖値とヘモグロビンA1cを測定する機器がございますので、
ご来院時に測定し、すぐに結果をお伝えすることができます。

 

 

糖尿病

糖尿病は、
食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。
インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、
血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。

糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの三大合併症のほか、
全身の血管に動脈硬化を起こします。
食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、
血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。

 

糖尿病は初期症状が出にくい病気です。

以下のチェック項目に該当するものがいくつかあれば、一度検査されることをおすすめします。

  • とても喉が渇く
  • 頻尿(おしっこの回数が多い)、また量が多い
  • 尿のにおいが気になる
  • 全身がだるく、疲れやすい
  • 手足がしびれる
  • 視力が落ちてきた
  • 食べても痩せていく
  • こむらがえりしやすい

 

糖尿病の治療

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法があります。
また、これらの治療でも血糖コントロールが不十分な場合には、薬物療法を併用します。

食事療法

ポイントは、糖質の量を制限することです。
難しいことや面倒なことは考えなくて大丈夫で、糖質の多い食材(ごはん、パン、麺類、いも類、根菜、豆類、菓子など)に気を付けて、それらの量を減らしましょう。
また、簡単に作ることができる旬の低糖質レシピもご紹介しています。
調理する際の参考になさってください。
糖質制限についてはこちらをご覧ください。

【管理栄養士による栄養カウンセリング】
患者様と管理栄養士が親身になって相談しながら、患者様にとって、無理のない、つらくない、実現できるお食事のプランをつくります。
一緒にできることからはじめたいと思いますので、お気軽にお声掛けいただけたら幸いです。

運動療法

食事療法とともに、糖尿病治療において基本となる治療法です。
運動によって、ブドウ糖や脂肪酸の体内での利用が促進されることにより血糖値を低下させるともいわれています。
ただし、合併症がある場合や薬剤での治療を行っている方は制限がある場合がありますので医師にご相談下さい。

 

糖尿病の合併症

糖尿病は初期症状はほとんどなく、合併症になりやすい病気です。
早期に発見するには、定期的に健康診断を受けることが必要です。
以下に三大慢性合併症について説明します。

糖尿病性末梢神経障害

症状として、手先、足先のしびれ、痛み、や、立ちくらみ、排尿障害、知覚鈍麻といったものがあります。

糖尿病性腎症

高血糖が持続すると、腎臓の機能障害を起こし、最終的には腎不全となり、血液を浄化する治療(人工透析)を行う必要があります。

糖尿病性網膜症

症状が出ないまま網膜症が進行し、突然失明する事もあります。
糖尿病と診断された時点で、目の症状がなくても眼科に受診することをお勧め致します。